海外出張 eSIMはここまで使いやすかったのか!




どうも筆武将の中年です。

時は海外出張戦国時代です。

先日ドイツ出張があり、最近iPhone11Proにしていたこともあったので海外SIMならぬ海外eSIMを使ってみました。

結論から言うとすごく便利あと安い。

仕事用にはPCでも使うのとそもそも会社携帯がeSIM非対応なこともあって海外Wi-Fiを借りていたのですが、これがかさばるしそもそもまだ高い、特に航空機での移動日も含めて料金が発生しているのでかなりがっかりです。

例えば1日データ上限500MB 990円/日×9日間=8,910円とかね(だいたい前後の1日は航空機移動でそもそも使えない日、でも料金はかかる)。

その点eSIMを含めた海外SIMだとそこそこの金額で容量と期間を区切ってくれるので使い勝手は全然違います。

例えば5GB 10日間 15ドルとかね。

ただし海外SIMの場合は電話番号が自ずから向こうの番号になっちゃうので、電話かかってきたりするとちょっと困る、繋がらない。

例えば週末の飲み会のお誘いなんかが友人からあったとしても、電話が来ないんだ。

これは困る。

そこで海外Wi-Fiにも意味があったんですが、この最近デュアルSIMなるものに対応したスマートフォンが出てきております。

これは何かというと物体のある通常のSIMカードともう一つ電子的なソフトウェアのSIMであるeSIMが設定できるというもの。

国内だとIIJMioが今ベータ版としてeSIM提供してるので使っている方もいるかもしれ無い。

これを海外SIMでやったらすげー便利だったというのが今回の話です。

海外SIMをeSIMとすることで、ボイスコール通常の音声着信は普段の日本国内のSIMで受けることができ、かつ副回線として海外eSIMを使って格安でデータ通信を行うことができるというものです。

あともう一つの利点としては、SIMカードを物理的に抜き刺ししなくていいので、端子部がへたらないし、そもそもSIMカード入れるトレイを出すためのクリップを持っていなくても良い!

これ結構忘れてつまようじで行けないかトライしたり(無理)、シャーペンの芯伸ばしてトライしたり(無理)試行錯誤するんですよね・・・。

なんだいいことづくめじゃん、ということで紹介したいのがここ!

https://www.airalo.com/

シンガポールのスタートアップのAiralo。

なんて読むんだこれ?

アイラロ?エアーアロ?

まあどうでもいいけど、できればFAQ(ファッキュー)に書いておいてくださいファッキン!

でもホームページは日本語対応だ!

ありがちな機械翻訳でJapaneseを日本人って訳しているけどな!

ともかく海外ギガが安い!

あとAPN設定をPersonal Hotspotにも入力すればテザリングもいけちゃうんでしょ。

いやー、これはマジお得だわ〜。

どうですか海外出張多めの戦国武将の皆の衆?

途中で面倒になったので画像で説明しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。